ライジング音更スタッフが、つづる日々のブログ

2019-09-13 新人の増田です。

 
 
皆様おはようございます

お店の中で一番ごつい格好しているのが私です、、。
(´;ω;`)

さて今日の話題は、私が初めて料理人の世界に入った時の話しをしたいと思います。

最初のお店は、渋谷駅前ビル九階に有った、お店でした。

今でも最初の出勤日の事は忘れられないです、、。

元気よく店に入ると、、。



主任の人が床に転がっていて、

チーフ(料理長)にガンガン蹴られてました、、。

(´;Д;`)

正直このまま帰ろうかと思いました。

しかし!

自分の好きな道ですし、自分の店を持つまではと思い必死になって働きました。


その甲斐あって、皆んなにも認めてもらい

給料が3ヶ月後には、平社員(関東地区255店舗中)では

破格の金額になりました。
(´>∀<`)ゝ

って、ただ単に、物凄く忙しいお店だったので残業時間が、

120時間(実際は、泊まり込んで仕事していたのでかなりの残業時間だったと思います。)

まぁ、今は過労死が問題になっているので、、。


ただ、10年前の北海道のほとんどの料理人は、

残業も休日出勤もボーナスも有りませんでしたよ。
(´;ω;`)

話がそれましたね。


料理人の数々の苦しい修行を皆様に伝えます!
(`・ω・´)ノ

まず!

仕事が終わったら、朝の7時まで飲みに付き合わされる。

そして!

(`・ω・´)ノ

仕事が終わったら、無理矢理チーフの家に連れて行かされて、

ドラクエ4のダンジョン攻略をさせられる、、。

(´;ω;`)
実はチーフが、30歳過ぎてからゲームにハマリ物凄い事になってました、、。


他にも、ピンクのネグリジェー事件や、

真夜中の渋谷乱闘事件等などがありますが、またの機会に、、。

それではまたお目にかかりましょう。


増田でした。