ライジング三沢スタッフが、つづる日々のブログ

2016-06-08 晴れ今でも名作

 
 
ご無沙汰しております。

しろい人で御座います。


今までの事は綺麗に水に流して、なんとか更新していきたいと思いますので

生暖かい目で見守って下されば幸いです。


さて、タイトル通り

過去の様々な作品・機種・映像などなど

今でも十分に活躍出来る、もしくは今でも活躍している様なものを

自分目線でちょっと書き綴ってみたいと思います。


パチンコ編

CRフィーバーパワフル

言わずと知れた三共の代表作。初代はデモ画面中に喋る台として

店から多大なクレームが寄せられた台としても有名です。

当時はまだ現金機が主流であり、保留玉連チャンがほぼ全ての

デジパチ(この表現も懐かしい)に搭載されていた時代。

大当たり終了後の保留玉2~4個目でのリーチが激熱だったんです。

今でもこれと同じスペックが出せたなら、十分に通用する物と私は思いますです。


スロット編

HANABI

こちらも名機として名高いアルゼ系機種。(いや、アルゼはもう無いのか?)

登場当時は秀逸な出目とナチュラルな連チャンとバックライトの消灯などで

大人気となりました。

ドンちゃんのキャラクターもこれで一気に有名になり

その後の機種にも多大な影響と功績を遺したのは言うまでもありません。

現在、ホールに設置されているハナビも中々に再現されており

ボーナス中の技術介入度にやや残念感があるものの

スロッターの心を鷲掴みしています。

ただ、個人的に言わせて貰うと

この当時はまだまだ裏〇ノがあった時期であり、ハナビよりも魅力的な台も

多数有った為、それほど打った記憶は御座いません!

でも今はそれなりに好きです!


アニメ編

機動戦士ガンダム

これは男の子なら一度は見た事があると思うタイトル。

シリーズとしても結構な数がありまして、私も黎明期のタイトル以外は

殆ど知りません!

1話見ただけで「コレはあかん」と萎えたシリーズもちらほら・・・

で、今は初代ガンダムシリーズの映画版「逆襲のシャア」の続編

「閃光のハサウェイ」です。

ブライト艦長の息子の物語になっており、ニュータイプ化したハサウェイが

無双するお話。ではありません。

この方の原作は初代を含め、ロボット物というよりも人間ドラマみたいな

くくりで見るのが面白いと思います。


水曜どうでしょう

こちらも説明などいらない有名作。かの大泉洋の出世?作ですね。

第一回放送など、まだ彼が大学生でとても初々しく、このころから彼は

基本だまされる役柄だというのが分かります。

様々な名言・名シーンを世に放ちましたが、やっぱり「おい、パイくわねぇか」

は名言だと思いますです。



私も結構年を取ってきまして、昔は良かったなどと思う事もしばしば・・・

こういう思いが出てくると、年を取ったなと思います。

ではまたお会いしましょう^^ノ