ライジング城東スタッフが、つづる日々のブログ

2020-01-19 業界の危機!? IR?カジノ法案って何ぞや?

 
 
皆さん、お疲れ様です。


さて、タイトルにもあります「IR」や「カジノ法案」を
ちょっくらGoogle先生で調べてみました。


カジノ法案(統合型リゾート(IR)整備推進法案)とは、
正式名称を「特定複合観光施設区域の整備の推進に
関する法律」といい、簡単に言うと「これから統合型
リゾート(IR)を作っていきましょう」という法律です。


単にカジノ解禁の為の法律と考えている方も多いですが、
あくまで目的は観光客を集め財政難を改善することであり、
その観光客を集める手段がカジノ施設を含んだIRの建設、
つまり統合型リゾートを作ろうぜというわけです。


ちなみに、統合型リゾート(IR)はどういった施設かというと、
カジノの他にホテル、劇場、映画館、アミューズメントパーク、
ショッピングモール、レストラン、スポーツ施設、温浴施設、
国際会議場・展示施設を一区画に含んだ複合観光集客施設です。


んで、皆が気になる「いつオープンするの?」ですが、
早くて2025年頃ではないかと言われています。


また、「じゃあ、どこに出来るの?」については、
カジノ誘致の候補地となっている主な自治体があり、
東京、神奈川、愛知、大阪、和歌山、長崎のようです。


「カジノ出来たら、パチ屋終わりだな!!」については、
パチンコのメインターゲット層は「店舗近隣の住民」や
「庶民」であるのに対し、カジノのメインターゲットは
「観光客」や「富裕層」とされています。そもそもの
ターゲットが異なるため、カジノの存在がパチンコの
脅威になるということは少ないのではと考えられています。


またIR実施法案にて、IR(カジノ)の開業が認められるのは
全国で3か所と決められており、外国人観光客は入場無料ですが、
日本人・在日外国人の入場料は6,000円と定められています。


交通費+入場料を考えたら、近所のパチ屋で遊ぶわってなる
ユーザーは多いんじゃないでしょうか?




まぁ・・・




まだ、カジノ出来てないのに、業界は縮小してますけど・・・




悩み




それでは、今日はこの辺でパー




パチンコ・パチスロは適度に楽しむ遊びですひらめき