ライジング帯広スタッフが、つづる日々のブログ

2018-09-04 ★坂井パパの将棋講座★

 
 
皆さん、お久しぶりですっ!

おはようございますっ!

こんにちわっ!

こんばんわっ!

坂井パパの将棋講座のお時間ですっ!


本日は、

花村元司九段【はなむらもとじくだん】

という、昭和の名棋士について

お話したいと思いますっ!!!


この方は、まずプロ棋士になる

時点で、異例の経歴を持っていますっ!


では、その異例の経歴とはっ???


何を隠そう、花村元司九段は

元真剣師【もとしんけんし】なのですっ!!!

それでは真剣師とはっ???


真剣師というのは、

賭け将棋を指す人の事ですっ!!!

将棋を指す際にお金を賭け、

そのお金で生計を立てて

生活をしている人の事ですっ!


花村元司九段は、

東海の鬼【とうかいのおに】

という異名を持ち、

プロ入りをする前の時点で

それはそれは恐れられた

存在だったといいますっ!


プロ入り前に相当な棋力を持ち、

プロデビューの際

五段からのスタートだったといいますっ!!!


現代の将棋界は、

6級で奨励会に入会し

三段リーグを通過しての、

四段プロデビュー、

もしくは、


過去に三段リーグまで進んだが、

三段リーグを規定内の年齢で

通過する事が出来なかった

元三段の方が、

特例によりプロ入り試験を受け

筆記、実戦で合格した方が、

晴れて新四段でプロデビュー

という制度になっていますっ!


それを考えると、

真剣師からのプロ五段という

花村元司九段の強さは、

まさに

東海の鬼という異名に

負けず劣らず、

とてつもなく鬼のように強かった

のだと思いますっ!!!


当時の話だと、

花村元司九段はプロになるより

真剣師を続けていた方が

収入があったのではないかという

話もあったり、なかったりっ!笑


お時間が来てしまったので、

この辺で失礼しますっ!

坂井パパの将棋講座でしたっ!!!