ライジング函館五稜郭スタッフが、つづる日々のブログ

2020-04-20 引きこもり断続中(笑)

 
 
どもども早番の下川です。


映画鑑賞が好きで最近外出もままならない


引きこもりです(笑)


今回ご紹介するのがコチラ


サラマンだー


サラマンダーです。


てことで駄作扱いされている今作を


布教したくレビューします。


近代兵器VSドラゴンもので


それが現代に蘇り、人類と戦う!


最初にこの映画のコンセプトを


聞いた時は、血沸き肉踊りましたよ!


でもドラゴンVS軍隊の闘いが


楽しみ過ぎて初日に鑑賞を始め


たももも、あれ?あれれ?


もう闘いは最初の数分ダイジェスト


どころかナレーションで人類が


負けてましたよ(ー_ー)!!


この気持ちどこにぶつけていいものやら(-_-;)


っとガッカリしたんですけどね。でも


俳優陣が豪華で、主役はなんと


クリスチャン・ベイルで、生き残った人類の


村のリーダー的存在。


ジェラルド・バトラーは村にいるベイルの


相棒的存在。


でもこの映画


ベイルよりもマシュー・マコノヒーの


俳優魂に度肝を抜かれます(゜口゜)/


それまでイケメンの優男風なキャラが


多かったのが、こちらではスキンヘッドの


イカついた輩に!


マッチョ・マコノヒーのラストダイビングが


カッコ良すぎて、ガッカリ感は全て吹き飛び


終わってみれば大好きな映画になっていました☆


CG自体も当時にしたらクオリティー高かったし


こんな主役級のキャストが揃った


B級映画は他にはないです!


では長くなりそうなのでこの辺で・・・・・


下川でした(^・^;)