ライジング函館五稜郭スタッフが、つづる日々のブログ

2018-06-05 更に映画鑑賞する者達

 
 
どもども!下川です。


更に 引きこもり1人映画鑑賞会は続きます。


今回ご紹介する映画はこちら!


「イップマン 序章」です。


ご存知の方も多いと思いますが、ブルースリーのお師匠のお話です。


ちょっと長めのあらすじを書かせていただきます。


物語の舞台は1930年代の中国・広東省の佛山。

武術家たちが集まる街で知られているこの場所には

武術家と呼ばれる人々が集まってきていた。

日々訓練を続ける彼らの前に、道場破りが現れる。

腕に自信のある武術家たちが次々と倒され、

人々は詠春拳の達人であるイップマンに助けを求めた。

イップマンはその強さで難なく道場破りを倒し

周囲の人々から敬意を示される。

そんな暮らしをする中、日中戦争が勃発した。

裕福な暮らしを妻と子供としていたイップマンの穏やかな日常は一変。

日本軍に家と財産を全て取られた彼は、

妻子を抱えて廃屋で暮らし貧乏暮らしを強いられる。

何とか手にした職場で日本兵と武術試合をさせられたイップマンは

その強さを日本兵の三浦大佐(池内博之)に認められた。

元々中国武術を認めていた三浦は、イップマンを尊敬し日本兵に

中国武術を教えてくれないかと頼む。

しかし、日本兵に加担することを嫌う彼は拒絶する。

そしてついに日本兵に殺される理由を作ってしまったイップマンは

三浦大佐と決着をつくることになるのだが。


と、こんな感じです。


作られた年代のせいか、反日的なところも多々見られます。


しかし、三浦大佐が思っていたより良い漢として演じられていたので


最後まで胸焼けしないで観れました(笑)


どうでしょう?観たくなりましたか?


この映画はオススメです!


気になった方は見てみてくださいね!


那、再見!