ライジング苗穂スタッフが、つづる日々のブログ

2020-03-24 レッツゴー!

 
 
ミニ四レーサーの金井です。


最近は、もっぱらミニ四駆(アプリ)にハマっている私。


懐かしさが異常すぎて、アドレナリンがドバドバプッシャー状態なわけです。


爆走兄弟レッツ&ゴーとか超絶世代なわけです。


ダッシュヨンクロはちょっと世代でぱないですが、ちょろっと知ってます。


さて、そんなミニ四駆のアニメ達なのですが、彼らは物凄い能力を所持しているのです。


まず、手始めにその人外の脚力!!

ミニ四駆は早いもので時速30〜40kmで走るわけです。

奴らはその隣を余裕の表情+会話しながら並走していくのです。

しかも登場人物はきっとおそらく小学生の設定……、確実に将来陸上で食べていけますね。

さらに!!

そのミニ四駆マシンにかなり凶悪な装備を施し、一緒に走るマシンを破壊するという常軌を逸した思考!!!

有名なところでいうと、某剣客集団の名前をモチーフにしたキャラクター達ですね。
 
彼らが使うマシンはその凶悪さゆえに人気が高いです。


まずは、近藤ゲンが使うブロッケンG。

こいつはまだ可愛いほうです。
ただ走ってるだけだったのに、前のマシンに追いついた途端に前輪が浮き上がり、前のマシンを踏み潰すというミニ四駆ならざる動きをするだけです。
ミニ四駆の重さでマシン潰れる?とか思いますが、きっと極悪な改造をしているのでしょう。


次に、土方レイが扱うレイスティンガー。

こいつになるともう可愛くないです。
まず、赤外線が出る指輪をしており、その指輪で指定した場所へ誘導することができるわけです。
もうこの時点でミニ四駆かそれ?と疑いますが、凶悪なのはそれではありません。

レイが指定する場所はだいたい相手マシンの後方が多いです。
後方にはだいたい車でいうエンジンであるモーターがあるわけです。
その後方の指定場所へレイスティンガーを誘導して、相手マシンにぶつかった途端!
レイスティンガーのマシン前方から鋭い槍みたいなものが飛び出し、相手マシンを貫いてしまうのです!!

これはもう凶器、そして狂気です。
普通に怖い。


そして、なんといっても最後の沖田カイが使うビークスパイダー。

このクラスになると人を殺せるんじゃね?ってレベルです。
まず、その沖田カイという少年の腕は「え?お前の腕オートメイル?」という具合に金属でガチガチに補強されています。
それはなぜか……。
ビークスパイダーが走ると、周囲に風の刃が発生し周りの物を切り刻んでしまうのです。

そんなマシンをキャッチしようとすると手がズタズタになってしまうわけで、なので金属補強を腕に施しているわけですね。

人体すらも改造しないといけない危険なマシン……。
ちなみにこのマシン、実際のアニメに中で軽トラックのタイヤを切り裂いてパンクさせています。

一歩間違えば殺人です。

決して少年が使ってはいけないマシンですね。


さてはて、長々と書いてきましたが、何が言いたいかというと……。


ミニ四駆超速GPおもしれーっ!!


では、最後にアプリ内で持っている私のビークスパイダーの画像を見せびらかしておきます。


image0


ではまた!!